2009年03月19日

vol.2 木村建太:デカバス直撃!ディープクランク攻略術

琵琶湖の"冬"の釣りの定番になったディープクランキング。実は、"春"にビッグフィッシュだけを狙い撃ち出来るチャンスが、ディープクランキングに訪れるという。

60up

今回、フィッシングEx春の巻きモノ特集企画として"春のディープクランキング・メソッド"を取り上げる訳ですが、とりあえずこの特集をご覧になった皆様には、明日から、また来週には湖に出てもらい、巻いてデカバス☆ゲットしてもらいたい!そんな観点から、より実践的、且つ要点を絞っての解説を"キムケン☆"こと木村建太さんにお願いしました。取材時カメラの前でキムケンがディープクランク巻ききって叩き出したロクマル☆動画は必見ですよ!(解説:木村建太)

コレを見たらあなたもディープクランク巻きたくなること、間違いナシッ!

冬から春のディープクランク
 冬のディープクランキングは、ディープでフィーディングモードに入っている魚を、よりスピーディー且つ効率的に狙える、僕にとっては欠かせない釣法です。

春に向けてシャロー〜ミドルレンジの水温は上昇し、冬に比べると釣りの展開もイージーになります。ジャークベイト、バイブレーション、スイミングジグetc…水温と水位が上がったシャローで、活発にフィーディングし始めた魚を狙う釣りが主流かつ一般的ですよね。
kimkenup

今回皆さんに気づいてもらいたいこと。「実はディープの魚もイージーになっている」ということです!「沖のディープ」も水温の上昇とともに、冬場極めてバイトチャンスの少なかったデカバスが活発化し、イージーになりつつあるのです。「春=シャロー」の見方を少し変えることで、よりビッグバスのみに的を絞った釣りが展開できる!ということを皆さんに知ってもらいたいですね。

決して数の釣れる釣りではないので、"一撃必殺"の釣りになってしまいますが、この季節こそがディープのビッグバスを狙う絶好のチャンスだと、僕は思っています。シャローオンリーの見方を"チェンジ"して、デカバスゲットしてください☆

何故DC−400カスカベル?
cascabel
 現在、最も使用しているディープクランクが"DC−400カスカベル(DEPS)"。タイトウォブリングでありながら、ゆったりとしたアクションのピッチが、"大型のベイトフィッシュ"の出す大らかな波動に似ている為、小バスにちょっかいを出されない"強さ"を持っています。また、小型ラトルによる「チャカチャカ」音を排除したことも、デカバスオンリーに的を絞った、デプスらしいディープクランクになっています。

キムケン流カラーローテーション術
c2

 最も良く使用するのは、#03ブルーシャッド、#08ライムチャート、#20ホライゾンシャッド(新色)の3色。使い分けは、

[#03ブルーシャッド]
水質がクリアーな時、晴れの日など。反射するシルバーベースのカラーはマスト!ベイトフィッシュを意識した魚には最も効果的でアピール力に優れている。
[#08ライムチャート]
ローライトコンディション。チャートリュースは水の中で最も膨張してシルエットが大きく見えるカラーのためか、食ったらデカい!勇気を持って投げるべし!!
[#20ホライゾンシャッド]
濁り気味の時、全天候対応。雪解け水や雨によって白濁りになった水の色に最も馴染み、アピールする色!天候に左右されないこともあって使用頻度・高。

以上の3色がキムケン☆オススメです。

tacle
-タックルデータ-
ロッド : SIDEWINDER"The M−BLOW" TGC−76HRF
ライン: ウィードの少ない時=フロロカーボン12〜14ポンド/ウィードの多い時=フロロ16ポンド


"レッツ!ディープクランキング☆キムケン"

(2009.03.20)
posted by fexstyle at 16:57| FishingExSTYLE!

vol.1 杉戸繁伸:船長直伝!春のマキラバ指南!

さぁ〜皆さん、ついに本格的な"巻きラバ"シーズンが来ましたよ〜!!一年間の中で"特に強烈な破壊力"を生み出すのがプリスポーンの時期。まさにビックママに狙いを絞るのであれば、かなり効果的なメソッドになるのは間違いナイので、この春に是非マスターして頂きたいと思います!

さて今回は、フィッシングEx春の巻きモノ特集として、この"巻きラバメソッド"を取り上げる訳ですが、とりあえずこの特集をご覧になった皆様には、明日から、また来週には湖に出てもらい、結果をだしてもらいたい!そんな観点から、より実践的に、且つ要点を絞っての解説を杉戸繁伸船長にお願いしましたので、是非真似してくださいね〜!!(解説:杉戸繁伸)



狙うエリアとラインの選択
 今の時期は至っては簡単。要はスポーンエリアの沖が一番早いですね。そしてその中で水深3m前後をよ〜く観察してください。そのラインにウィードのアウトサイドエッジが入っていたり、またブレイクが絡んでいるなどがあれば、要注意ですよ。さらに春のウィードの関しては、巻きラバメソッドはあくまでも線の釣りなので、アフター以降のようにウィードのタイプに拘らなくても良いと思います。まずはスポーン絡みの魚が動き始め、水温が上がるまで"魚が溜まるライン"があるので、そんなエリアとラインを見つけるのが一番大事だと思います。
0903map
さらに水温が上がれば、もっと浅いラインでもOKとなります。ただ、週末に釣りをするとなると常にプレッシャーを考慮しないと上手くいきません。浅くなればなるほど、プレッシャーの影響はかなり大きいので、少し深いラインで魚を見つけておく事をお勧めします。まあ具体的なエリアとしてはムービーで説明しているので、是非参考にしてください。

マキラバの巻き方
0903maki
 テクニック的には、難しい事はありません。線の釣りなので、とりあえず遠くへ投げて、まずはボトムをとります。次に後はゆっくり巻くだけ!ですが、基本は"ウィードの上っ面"ですので、マキラバのトレースラインには気を使いましょう。気が付くと案外、早く巻いている事が多く、そうなるとトレースレンジが上がってしまうので、時としてバイトの有無に大きく影響します。基本は"ウイードの上っ面"なので、たまにウィードに掛けたりして、レンジを確認すれば良いでしょう。場合によっては、一旦ボトムをとっても良いぐらいです。

実はコレがバイトです
 バイトの出方ですが、一番多いのが"コツコツ"、次に"ふ〜と重さが無くなる"パターン。ガツン〜と強烈なバイトは、少ないです。まあいずれにせよ、バイトがあれば、早わせは禁物!バイトがあれば、一旦テンションを緩め、十分合わせる体制を整えてから、合わせをいれてやる。テキサスでの巻き巻きみたいな感じです。フィーリングは巻物系、しかし、フッキングは太軸のラバージグ。さらに相手はデカバス。何となくの巻き合わせはダメですよ〜。
0903awase

タックル&ルアーセレクト
 ロッドは遠投の効く、7フィート越えのロッドで、パワーはMH〜Hクラスが良いでしょう。春は魚の活性もそれほど高くは無いので、バイトをはじかない、ティップが少し入る程度のロッドがお勧めです。しかし、水温が上がり、ウィードが濃くなってきたら、今度はウィードが切れる、またそのカバーから魚を引きぬける固めのロッドにするなど、使い分けていけば良いでしょう。
0903tackl
そして一番気になるルアーですが、私が一番多様するのは"マキラバ(シマノ)11.5g&スイングインパクトファット4.8"。このセットで南湖の殆どのエリアをカバーしております。水深が2〜1mならマキラバ7g、4mより深いならマキラバ14gを使ってもOKです。まあどのようなトレーラーを装着するのか、また巻くスピードをどうするのか!!などによっても変わってくるので色々試してみてください。レッツ・マキラバ!

-船長お勧めタックルデーター-(春バージョン)
ロッド :  ファーレンハイトPV−172MH(シマノ)
リール:  メタニュームMgDC7(シマノ)
ライン :  FCスナイパー14ポンド(サンライン)
ルアー:  マキラバ11,5g(シマノ)&スイングインパクトファット4,8(ケイテック)

■■船長からの一言■■
このマキラバメソッド、春はマジで危険なメソッドなので是非マスターすべし。しかしながら、一見するとただ巻いているだけなので、掴みようがない。故に苦手なアングラーも多いと聞きます。この春に発売したDVD「マキラバマスター免許皆伝」では、この掴みようが無いメソッドの中にも、要所要所にキモを盛り込んでいるので、是非観て頂いて巻きラバメソッドをマスターして貰えればと思います。

(2009.03.20)
posted by fexstyle at 16:34| FishingExSTYLE!

FishingExSTYLE! INDEX

(2009/09/01)vol.3 黒須和義:スピナベ道〜ディーパーレンジ〜
crosstop.jpg

(2009/03/19)vol.2 木村建太:デカバス直撃!ディープクランク攻略術0903kimken.gif

(2009/03/19)vol.1 杉戸繁伸:船長直伝!春のマキラバ指南!
0903mkbanner.gif
posted by fexstyle at 16:18| FishingExSTYLE! INDEX